【大阪市 北区(天六・天満)】捻挫・打撲・脱臼・骨折・スポーツ疾患(靱帯損傷・肉離れ)・頭痛・首や肩の痛み・腰痛・関節痛などの治療

お問い合わせ・ご相談はお気軽にどうぞ
Tel.06-6319-8585
トップページ > スタッフ紹介

スタッフ紹介Staff

松本 健二Kenji Matsumoto

自己紹介

『明るく元気がモットーです』:愛媛県上島町出身
高校時代はハンマー投げをしてインターハイにも出場しました。
しかしその時に腰を痛め、自分のような痛みで苦しむスポーツ選手を作ってはいけないと思い、治療家・トレーナーになろうと決意しました。
「出来るだけ早く痛みを取り除く」を思い続け治療を行っています。
痛みだけでなく、心のゆとりを提供できる整骨院を目指します。
取得資格:柔道整復師、NSCA-CPT*D、NSCA認定検定員、救命救急など

動きの探求

学生時代に腰椎椎間板ヘルニアになり、レーザー手術をしましたがその後から空手を始め、黒帯にもなりましたが、身体の調子が悪い時には自分でキックを出すと足がしびれる事があります。
身体に負担がかかる様な間違った動きをした時には必ずシビレが出てきしまいます。
ですから、自分にも他人にも身体の動きに関してはかなり細かく観察し、注意を払います。
より効率的な動きを探求し、身体に負担をかけず、パフォーマンスを向上する事を目的にトレーニング指導を行っています。

健康な身体と健康な心

パーソナルトレーナーとしてもプロスポーツ選手のトレーニング指導を行っています。
一流の選手に提供するものは一流のものでないといけません。
ですから常に学び成長を心がけ生活するようにしています。
これからは、多くの方々、学生さんたちにまつもと鍼灸整骨院を知っていただき、皆さんの競技能力を上げるためにしっかり施術をしていきたいと思います。
健康な身体、健康な心。これを持つことにより楽しい生活があるのではないでしょうか?
身体と心作りの為のお手伝いをしていきます。

   
ページトップへ戻る

宮地 秀和Hidekazu Miyachi

自己紹介

『体を支える屋台骨』:しまなみ生まれの大阪育ちです。
高校時代にラグビーを始めたことで、スポーツ選手がケガをしたことで、試合がしたくても出来ない方や、能力の高い選手が本来のパフォーマンスを発揮出来ずに、高いレベル環境で挫折して悔しい思いをしている方を見る機会が多くあり、目標に向かって頑張っているスポーツ選手を少しでも応援したいと思っている時期に、あるサッカーまんがに出てくる鍼灸師トレーナーの姿をみて「これだ!」と衝撃が走り、今の仕事に至っています。

メッセージ題

平成29年1月から勤務しております、柔道整復師・鍼灸師の宮地です。
今まで他の整骨院や整形外科クリニックで働いていましたが、松本院長の治療に対する熱い思いに共感し、まつもと鍼灸整骨院で働かせて頂くことになりました。
個人的にはラグビーチームの試合に帯同しています。
今後ともよろしくお願いします。

ページトップへ戻る

宮本 美保子Mihoko Miyamoto

自己紹介

『皆様の健康生活を応援します!』:大阪府吹田市出身
一般的に整骨院へ来院される患者様の7割は女性(男性割合が同党の当院は珍しいかも)と言われていますが、対して施術する側の柔道整復師で女性はとても少ないんです。
女性同士であれば、安心感が持てたり、相談がしやすかったりと、親しみをもっていただけるのではないではないかな?と思いますので、「鍼灸整骨院を受診するのが初めて」という方も気軽に来院して頂けると嬉しいです。
患者様と同じ視点に立って、辛い症状やお悩みについて考えたり、理解してそれを改善していけるようにしていきます。

健康であることの大切さ

皆さんは普段から「身体のケア」をされていますか?
健康であることが当たり前になってしまっていると、疲れやだるさといった身体からのメッセージをついつい放置したままになりがちです。
私もこの仕事に就く前は、身体をケアするという事はなく、普段の仕事や生活で起こる痛みやだるさ、疲れを放置していたために、ある日突然首が回らなくなり、ひどい頭痛や吐き気に襲われ仕事や日常生活が出来なくなってしまった経験があります。
これは疲れ切ってしまった身体が「もう動きたくない」とストライキを起こしてしまった状態です。
そうなって初めて健康であることの大切さやもっと身体をケアすることの必要性を感じました。
精神的、肉体的にストレスの多い現代社会で、楽しく快適に生活するためにも一度ご自分の「身体からのメッセージ」に耳を傾けてみてはいかがでしょうか?
身体から「HELP」サインは出ていませんか?
もしそのサインに心当たりがあるようでしたら、ストライキを起こされる前にしっかりと身体をケアしていきましょう!
私たちはそのためのお手伝いをさせて頂きます。
女性ならではのきめ細やかな対応とニコニコ笑顔で皆様のご来院をお待ちしております。

ページトップへ戻る

儀保 晃史Akifumi Gibo

自己紹介

『患者様を笑顔にする』:沖縄県(本島)出身
子供のころから体を動かすことが大好きで、父の影響もあり学生時代はずっとサッカーをしていました。
今はチームには所属していませんが、時々友達とサッカーやフットサルの練習に参加しています。
いつでも動けるように筋トレは毎日欠かさずやっていますよ!
治療やトレーニング、セルフケアについてはまだまだ一般的に知られていないことがたくさんあります。
ケガの防止の為に出来ることやパフォーマンスUPに役立つトレーニングなど、患者様にどんどんとお伝えしていきますので、疑問に思う事があればいつでもお気軽にご相談ください!

ページトップへ戻る

野口 雅人Masato Noguchi

自己紹介

『一生懸命』:徳島県那賀郡
小学1年生から高校までの12年間野球をしており、高校時代は甲子園を目指し、汗する毎日でした。
現在は草野球とソフトボールチームに所属し、ポジションは主にキャッチャ―をしています。
大人・こどもに関わらず、野球をはじめさまざまなスポーツに取り組む方のケガや障害を予防し、負傷してしまった方にも少しでも早く競技に復帰してもらえるようにお手伝いしていきたいと思います。
患者さんにとって居心地の良い時間・空間が作れるよう頑張ります。

ページトップへ戻る
Copyright(C) まつもと鍼灸整骨院  All Rights Reserved.