6月、7月に『NSCAプロバイダーセミナー』を開催します。(セミナーは終了しました)

体幹や股関節の重要性が認知され、様々なトレーニングを行う機会も多いと思われますが、現場では股関節周りの筋力があるにも関わらず、スポーツ動作ではうまく使えず、パワー発揮に結びついていないという事が多々あります。

第1回目のセミナーでは『スポーツパフォーマンスを上げる股関節と体幹の使い方』と題し、股関節をうまく使うことで殿筋やハムストリングスのパワーを引き出し、体幹との連動を引き上げるためのトレーニングをしていきます。
パフォーマンスを上げるためには股関節の角度をうまく作れるかが大切になります。
股関節の角度が作れない為に起こる代償動作なども例に挙げながら、ベーシックトレーニングを使って股関節の角度と体幹の安定性を学んでいきます。

第2回目のセミナーでは、『方向転換や動作スピードを上げるための股関節と体幹の使い方』と題し、1回目のセミナーで学んだ動作を元に、スポーツ動作においてどうすれば方向転換や動作スピードを速くすることが出来るかを学び、改善していくためのトレーニングを行っていきます。
方向転換を早く行うためには、自分の重心を理解し、股関節のパワーを使い動作に繋げていかなければなりません。
体幹の位置と股関節の使い方を学びながらスクワットジャンプやサイドステップなどのスピードを上げていきます。
テニス、卓球、サッカー、野球、バスケットボールなどなど、あらゆるスポーツに適応されます。

プロトレーナーの方だけでなく、一般の指導者や、こどものスポーツ指導をする親御さんなどでも簡単に使い方が解るように、難しい理論よりもまずは身体で感じて頂きながら理解が深まればと考えておりますので、スポーツに関わる様々な方のご参加をお待ちしております。

※股関節や体幹についての理解とそのトレーニング方法をより一層深めるためにも、両セミナーを合わせて受講して頂くことをお勧めいたします。
 (各々のセミナーの単独受講でも解るような構成になっておりますので、どちらか一方だけの受講でも差し支えありません)

講師紹介

講師:松本健二 (NSCA認定検定員、NSCA-CPT、柔道整復師)

【トレーナー・治療家としての実績】
・平成18年よりK-1、HERO'Sの格闘技選手(チェ・ホンマン、金泰泳、才賀喜左衛門など)らの
 パーソナルトレーナーとして、日本・海外大会に同行し治療とトレーニングを行う
・正道会館総本部 全日本出場選手らのトレーニング指導
・正道会館全日本大会の医療救護班として治療に従事
・プロキックボクシング選手らのパーソナルトレーニング・治療
・プロテニス選手(高畑寿弥選手)パーソナルトレーニング・治療
・卓球女子日本代表選手らパーソナルトレーニング・治療
・その他競技の種類を問わずトレーニング指導を行う

【セミナー・講師実績】
・明治東洋医学院、東洋医療専門学校、大阪ハイテクノロジー専門学校 特別セミナー講師
・東洋医療専門学校 非常勤講師
・NSCA 関西ADセミナー
・NSCA プロバイダーセミナー
・各方面でのセミナー講師として活動

セミナーの様子

最後はミニ懇親会も行いましたv

関係サイトリンク