■活動内容

1)トレーナー活動

2)運動指導・団体指導

3)セミナー活動・トレーナー育成

 1)トレーナー活動

各種スポーツ団体や学校などにおける運動指導やパーソナルトレーニング、選手の育成など、運動・健康管理に関する様々な活動をお手伝いさせて頂きます。

<運動指導>
  ・ウエイトトレーニング
  ・体幹補強トレーニング
  ・SAQ(スピード・アジリティー・クイックネス)トレーニング
  ・ファンクショナルトレーニング
  ・バランストレーニング   など
<栄養指導>
<バランス調整(治療)>

 2)運動指導・団体指導

プロ、アマ、年齢、性別に関わらず指導させて頂きます。

 ・もっと運動が上手くなりたい、走りが速くなりたい子どもさん
 ・体力向上やダイエットを含めた運動を始めたい初心者の方
 ・今よりも競技パフォーマンスを上げたいと思っている選手
 ・ケガからの競技復帰を目指すアスリート
                        などなど

これまで自己流の練習ばかりで専門的なトレーニングを受けたことがない方の伸び悩みの原因やケガばかりしてしまう理由は、間違った練習のせいかもしれません。
「トレーニングの原理原則(*1)」を理解した上で、目的に一致した適切なトレーニングを行う事で「短期間で・安全に・確実に」結果を出すことが可能となります。

【過去の運動指導】
 『走り方セミナー』(西宮甲東ジュニアラグビークラブ:小学1~5年生対象)

体幹の立ち方、腕の振り、膝の上げ方、顔の向きなどを意識したトレーニングメニューをアップ・ストレッチを含め約3時間行ったところ、多くの子どもたちの走りのフォームが改善され、しっかりとした走りを見せてくれました。

走るスピードも28人中、17人の子どもたちが練習前に比べてアップしました。
運動の基礎となる走り方が安定する事で、競技においてもよりよいパフォーマンスを発揮することが出来ると思います。
行ったトレーニング(子どもたちにとっては遊びに近いものですが…)を普段のラグビーの練習に取り入れて頂ければ、より良い動きが出来るのではないでしょうか。

 3)セミナー活動・トレーナー育成

トレーナーや治療家を対象に、各種のセミナーを実施しております。
それぞれテーマを持ち「身体やバランス、動きの見方や考え方」など、基本を大切にした内容となっております。


【過去のセミナー活動】
NSCA認定検定員 松本健二主催 NSCAプロバイダーセミナー
2010年「体の使い方」
2011年「体の連動と重心との関係 ~より良いからだの使い方を求めて~」」
2012年「体のバランスの見方 ~解剖学的に見た筋肉とスポーツ障害」
2013年「肩関節を上手く使うための体幹筋の使い方」
2014年「すぐに使える体幹トレーニングと股関節の動き」「立ち方と体幹の安定性」
その他NSCA各地の支部ADセミナーで講師を務める


【NSCAアメリカ本部トレーニング研修】

2009年8月9日~18日に、アメリカのコロラドスプリングスにある「NSCA本部」での研修会に参加してきました。
コロラドスプリングスはオリンピック選手やプロスポーツ選手たちが、高地トレーニングなどを行うために世界中から訪れるという『トレーニングの聖地』です。
そこにあるNSCA本部で本場のトレーニングを学び体感してきました。

講義も実技もトップレベルの先生方に教えて頂いた知識や技術をさらに深め、クライアントの皆様に還元していきたいと思います。